e-TaxのHJS0407E問題

2017/01/10 15:03 カテゴリ: PC周辺機器,その他

(最新記事はこちら:2018年版 Macで e-Tax

マイナンバーカードを利用して、e-Tax で確定申告できるようになりました。
しかし厄介なエラーコード、

・HJS0407E

に苦戦させられました。
Mac で safari10.0 で苦戦されている方はこの方法でできるかもしれません。

この画面キャプチャのメッセージのとおり、本来は「ICカードリーダライタ」関連のエラーメッセージです。

これに対する対処法は e-Tax の公式サイトによれば、ドライバのインストールを正しく行えとか、いくつかあります。

しかしこれらの対処方法では解決できなかったという報告がネット上に溢れています。

私もドライバなどを一旦アンインストールして、公式の対処方法にあるとおりの順序で再インストールしたりしましたがダメでした。

そもそも私の環境は
Mac OS 10.11.6(El Capitan)
Safari 10.0.2
です。

公式には Mac の場合、ブラウザの推奨環境は Safari 9.1 のみです。

そこで Firefox でやってみたら・・・

あっさり送信できちゃいました。

過去にも推奨環境の一つ先のバージョンの Safari でダメで Firefox でできた、という報告があるようです。

非推奨環境ですので強くお勧めはしませんが、あきらめるくらいならやってみても良いかもしれません。
ただし HJS0407E エラーが出ている原因が他にあれば別です。
「JPKI利用者ソフト」でマイナンバーカードが正しく読み込めるかどうか、など ICカードリーダライタの動作確認はしてくださいね。

HJS0407E問題が出るまでは Safari で入力してデータの保存もしていました。
そのデータを Firefox で読み込んで送信以降の処理を実行しました。

そのまま Firefox で最後まで処理したら、申請内容の確認などはもちろん Safari でできます。
(下図の赤丸部分など)

コメント(7)

ありがとうございます!
High Sierra + Safariでどうしてもできなくて、悩みまくってましたが、この記事のおかげで無事提出できました。本当、助かりました。
FireFoxは最新版だと、Javaプラグイン使えないので、FireFox ESRを使う必要ありです。

e-Taxの推奨環境で、同様の現象になり、丸一日費やし、諦めかけていた時、ここを見つけることができました。こんなに簡単にできるなんて。
本当にありがとうございます。

この記事のおかげで、Firefoxでやるといいことを知り、トライしました。
送信のとこで、JAVAのセキュリティでブロックされましたが、
Macの環境設定パネルからJAVAのコントロールパネルを開き
例外的に受け付けるサイト名を登録することで、送信成功に至りました。

助かりました〜!!!!!!
ありがとうございました!!

Windows10での方法もご存知でしたら教えてください。

本当に助かりました!ありがとうございます!途方にくれるところでした。

このブログ記事がなかったら、今年の e-Tax は諦めてしまうところでした。

明日、税務署のPCにて1から作成し、e-Tax をする方法で添付書類の提出を免れようと考えておりましたが、
外出する必要もなくなり大変感謝しております!

一言お礼申し上げたく、コメントさせていただきました♪
本当にありがとうございました。

Sponsored Link